予備指導のための予備指導

卒論関係

 

先々週くらいに卒論指導をご担当くださる先生からメールをいただき、予備指導の日程調整待ちの状態だったのですが、数日前に再度メールが届きました。

予備指導前に、私の提出した論文構想について話し合いのような時間を設けてくださるとのことです。

メールで具体的なご指摘はなかったのですが、察するに、論文構想の内容では卒論として進めるには困難なところがあるので、方向性の修正が必要ということかと。

うすうす、いや、8割方、方向性の変更は必要かなとは思っていました。はい。

というわけで、予備指導前に卒論の方向性等の助言をいただいて、それに沿った準備をした上で予備指導に臨むという段取りになる予定です。

 

つまり!

迷子状態のまま予備指導を迎えるのではなく、ある程度的を射た準備をしてから予備指導に臨むことができるので、本指導格上げの可能性が高まるということなのではないかと!

思っているのです!

 

どうなるかはまだわかりませんが、お忙しいのに、実質2度の予備指導を行うといった対応を先生の方からご提案いただいて、本当に本当に有難い限りです。。。

そして、仕事を休まなくてもいい日で日程調整していただけました。感謝。

 

ミーティングまであまり日はないのですが、こんな仏のような先生をがっかりさせることのないよう、できる限りの準備をした上で臨みたいと思います。

 

 

↓も押してもらえると喜びます!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生(慶応義塾大学)へ
にほんブログ村