代替レポ出し終えました

フランス文学史Ⅰ, 専門教育科目, 西洋史概説Ⅰ

 

 

本当に、本当に、ギリギリでしたが、なんとかフランス文学史Ⅰと西洋史概説Ⅰの代替レポートを完成させ、4月6日の消印で出すことができました。

 

代替レポートと戦っていた同志の皆さん、本当にお疲れさまでした。

 

いずれのレポートも、もう少し考察を入れておきたかったのと、もうあとちょっとで出ないと提出が間に合わない!という時間から結論を書き始めたので、手抜き加減が見てわかる結論となってしまったことが心残りで、最後まで粘って完成させましたが、あまり達成感というのはありません(^^;)

見直しをする時間もなかったので、そのまま印刷して出した西洋史概説Ⅰは誤字脱字のオンパレードの可能性もあります。今さら読み直す勇気もなく、もう祈るしかありません。

よい成績は期待できませんが、今後の学事予定もどうなるかわからない状況なので、単位がもらえれば万々歳です。

 

さて、先日、三年目の配本のテキストがどさっと届きました。

次の7月の試験もこの調子ではどうなるかわかりませんが、レポートをたくさん出しておくに越したことはないので、そろそろ新規レポートに取り組みます。

まずは日米比較文化論!

市販書科目採用ということで、実は少し前から文献を読み始めていましたが、代替レポートをはさんだらすっかり内容を忘れてしまったので、もう一度はじめから(^^;)

レポートの添削はしばらくお休みということなので、モチベーションを維持するのが大変そうですが、ここが頑張りどきと思って頑張りませう!

 

 

↓も押してもらえると喜びます!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生(慶応義塾大学)へ
にほんブログ村