西洋史概説Ⅰレポ結果、代替レポ課題

専門教育科目, 西洋史概説Ⅰ

 

 

先日提出した西洋史概説Ⅰのレポートが合格して戻ってきました。

手書きレポートなので、不合格にならなくて良かったです。

なお、コメント等はありませんでした。

歴史系の科目は私にとって鬼門なので、何かしらコメントをもらえたら、今後の学習の参考になると思い楽しみにしていたので、少し残念。。。

まぁ、あの感じで取り組めばOKということでポジティブに捉えよう!

 

そして、試験が中止になったことによる代替措置として、西洋史概説Ⅰとフランス文学史Ⅰのレポート課題が到着しました。

ドイツ語第四部の課題はまだ来ていなかったので、明日くらいに届くのでしょうか。

いずれの課題も4,000字と指定されており、課題の内容についても、試験の時の問題というより標準のレポート課題にかなり近いです。

フランス文学史の課題についてはまず本を読まないといけない感じですし、そもそも普段レポート一本につき二週間以上かけてゆっくり仕上げているので、今回は期限までしっかり集中して取り組まないとまずい感じです。

取り急ぎ参考文献の収集にあたっています。

 

また、コロナウイルスのせいで今年のスクーリングの開催が心配ですが、オリンピックが延期になったことで、来年のスクーリングもどうなるか心配になってきました。

こんな状況なので、「授業料を払っているんだから大学側はそれなりの対応はするはずだ」と安心せず、どんな場合でも臨機応変に対応できるように、着実に単位を積み上げていかないといけないな・・・と、改めて思った次第です。

 

↓も押してもらえると喜びます!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生(慶応義塾大学)へ
にほんブログ村