締切恐怖症

フランス文学史Ⅰ, フランス文学概説, 専門教育科目

フランス文学概説とフランス文学史Ⅰのレポートを提出し、科目試験の申込も終えました。

次回の科目試験のラインナップはこちら! 

 

F群 英語Ⅲ

E群 ドイツ語第四部

D群 放送英語(ライティング)

C群 社会学

B群 フランス文学史Ⅰ

A群 フランス文学概説  

 

10月の試験が中止になったので、6科目受験せざるを得ない状況に。

本当は、専門の単位を早く取りたかったので、F群に近世英文学史を入れたかったのですが、色々な方のブログを参考にさせてもらった結果、「試験・・・難しそうだなぁ」と日和ってしまい。

レポートを書く用意はしましたが、追い込む元気がでませんでした。

とはいえども、興味のある課題内容ではあったので、もうすこし心に余裕のあるときに取り組みたいと思います。。

 

夜スクが終わったら、ぼちぼち科目試験の勉強を始めたいですね。

社会学の単位を取れば、総合三分野科目の卒業所要単位は充足できるので、一発で必ずしとめたい。持込可といえども油断するべからず。

フランス文学史Ⅰとフランス文学概説は、実は、専門科目の初めてのテキスト科目です。

二つで7単位というとてもおいしい科目たちなので、これらも是非とも一発で単位をとりたい。

 

今回も思ったのは、レポートは締め切りギリギリに出そうとしちゃだめだ。

追い込まれるほど力を発揮する人っていますよね。

私の学友さんはそんな人が多い気がします。

私は・・・追い込まれたら逃げちゃう人でした。

にほんブログ村 大学生日記ブログへ にほんブログ村