【振り返り】数学(線形数学)

3分野科目, 数学(線形数学), 数学(線形数学)(WS), 総合教育科目

『数学(線形数学)』の振り返りです。

総合科目の数学と歴史は、卒業要件として注意が必要な科目です。

取ってよかった度

★★★★★

 

履修のきっかけ

数学(線形数学)は、総合教育科目、三分野科目の自然科学分野のうちの1つです。

もともと数学が好きなのと、週末スクーリングで履修済みだったので、取り組みやすそうということで履修を決めました。

が、結局のところ、スクーリングとテキスト両方を履修するのはもったいなかったです。(→理由は「まとめ」で)

 

スクーリング

2018年の週末スクーリングで履修しました。

結果はSでした。

恐らく大体の方は高校生の時に線形代数を習っているはず、らしいのですが、私は習った記憶がなく・・・。ベクトルはやりましたが、行列をやった記憶がない。

そんな状態でしたが、初学者でもついていけるレベルから教えてくださっていましたし、毎回授業の後に問題演習がありましたので、落ちこぼれることなく授業についていけました。

最終日の試験についても、指定テキストの問題と同じような問題しか出題しないということでしたので、とても対策しやすかったです。

試験前日に試験勉強をしていたところ、なかなか理解できないところが出てきて焦りましたが、問題演習を繰り返していくうちにわかるようになり、当日の試験も自己採点で満点取れたので気持ちよく終えられました。

 

レポート

レポートは全2回で、どちらも問題を解く形式です。

スクーリングで履修済みなので、余裕だな!と思っていましたが、スクーリングでやっていないことが結構あり、テキストで勉強してからでないと解けませんでした。

なお、テキストには、例題以外の問題の解法が載っておらず、私の頭ではテキストを完全には理解できませんでしたので、↓の参考書を購入しました。

 


 
 
第2回のレポートは一度で合格しましたが、第1回のレポートは不合格で、結局再レポを二回提出してようやく合格しました。

 

試験

一度目の試験をSで合格しました。

試験対策は、レポートを解き直すということをしました。

試験内容はレポートとさほど変わらないので、レポートをしっかりやっていて、計算ミスにだけ注意していれば、問題ないかと思います。

 

まとめ

数学は基礎、微分・積分、線形数学の三種類がありますが、複数履修しても卒業要件としては1科目として計算されることや、テキストとスクーリングを組み合わせても2単位しか卒業所要単位として認められないので、履修には注意が必要です。

そうです、私はスクーリングとテキスト両方で数学(線形数学)を履修しましたが、卒業所要単位的には2単位しか充足できません。

ということを、このブログを書いて初めて気づきました。びっくりした。

しかし、Sを取りやすい科目でしたので、GPA的には履修してよかったという科目です。

 

にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生(慶応義塾大学)へ
にほんブログ村